ペットフードの食中毒。日本で知られていないサルモネラ菌汚染とは

フードを食べようとする猫

こんにちは!獣医師のニャン太です!

アメリカでペットフードのサルモネラ菌汚染が問題になっているのをご存知ですか?

アメリカFDAによると今年に入ってからサルモネラ菌汚染でペットフードのリコールが15件続いています。

残念ながら日本では、こういった海外のペットフードの問題が話題になることはあまりありません。メディアもとりあげてくれません。

現在日本では海外のペットフードが正規輸入品だけでなく並行輸入品もたくさん出回っています。個人輸入も簡単にできます。それなのに海外のペットフードの情報がなぜ日本では公開されないのでしょう。

もっというと、国産のペットフードが安全だというわけではありません。残念なことに現在日本ではペットフードの流通を適切に管理するシステムが機能していません。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

キャットフードを食べる猫FDAがペットフードに警告。リコールも。見えてきた日本のペットフード事情

さて、そもそもサルモネラとは何なのでしょうか。今回は日本ではあまり話題にならないペットフードとサルモネラ菌の話です。

アメリカでのペットフードのサルモネラ菌汚染の発生状況

サルモネラ汚染で今年に入ってから15件のペットフードのリコールがあります。

recalls & withdraws|US Food and Drug Administration

04/17/2018TRUDOGPet food-freezed dried raw beef topperpotential to be contaminated with SalmonellaTruPet, LLC
04/16/2018Vital Essentials®Dog/pet food Freeze-Dried Beef Toppers and Frozen Beef Chubpotential to be contaminated with SalmonellaCarnivore Meat Company
04/14/2018Sunseed Vita PrimaSugar Glider FormulaIt has the potential to be contaminated with SalmonellaVitakraft Sun Seed Inc
03/26/2018Natural Selections and ZooLogicsFresh raw meals for dogsMay contain Salmonella and E. coli O128Darwin’s Natural Pet Products
03/26/2018Blue Ridge BeefComplete raw pet foodMay contain Salmonella and Listeria monocytogenesBlue Ridge Beef
03/06/2018Tucker’s5lb Pork-Bison BoxPotential Salmonella contaminationRaw Basics, LLC
03/06/2018Redbarn, Chewy Louie, Dentley’s, and Good Lovin’Bully Stick dog foodPotential contamination with SaslmonellaRedbarn Pet Products, LLC
03/02/2018Steve’s Real FoodsRaw frozen dog food turkey canine recipepotential to be contaminated with SalmonellaSteve’s Real Foods
02/24/2018Vital EssentialsFreeze-dried beef nibblets for dogsPotential to be contaminated with SalmonellaCarnivore Meat Company
02/23/2018TruDogDog foodSalmonellaTruPet, LLC
02/15/2018SmokehouseDog treatsPotential Salmonella contaminationSmokehouse Pet Products, Inc.
02/13/2018ZooLogics and moreZooLogics Duck with Vegetable Meals for Dogs, ZooLogics Chicken with Vegetable Meals for Dogs and moreSalmonella and Listeria monocytogenesArrow Reliance Inc. dba Darwin’s Natural
02/09/2018RedbarnDog ChewsPotentially contaminated with SalmonellaRedbarn Pet Products
02/08/2018Raws for PawsGround turkey pet foodpotential to be contaminated with SalmonellaRaws for Paws
02/08/2018SmokehouseDog treatsPotential Salmonella contaminationSmokehouse Pet Products, Inc.

Recalls & Withdrawals|Animal & Veterinary|US Food and Drug Administration より

ペットも人も注意!サルモネラ菌汚染とは

生卵

サルモネラ菌は人や動物の食中毒の原因になるばい菌です。

牛肉牛乳豚肉鶏肉といった動物性の食品や加工品が感染源になります。

当然、ビーフやチキンを加工したペットフードも感染源になります。

人もペットもサルモネラ菌で食中毒を起こしますが、犬や猫は人に比べてサルモネラ菌に強く、症状が出ないこともあります。

サルモネラ菌は食中毒の原因となるだけでなく、人から人人から動物動物から人、というように感染がひろがってしまうことが問題です。

ペットから人、人からペットにうつることがある人獣共通感染症のひとつです。

特に日本では卵や卵を使ったお菓子類からの感染が多く、問題になっています。

2017年は年間で35件、1183人のサルモネラ菌食中毒が報告されています。

厚生労働省食中毒統計資料

犬や猫のサルモネラの症状

下痢血便嘔吐腹痛発熱などの急性胃腸炎の症状がみられます。

犬や猫はサルモネラ菌に強く、犬の30%、猫の50%程度は感染しても症状が出ないことがあります。

一方、子犬や子猫では重症化するケースもあります。

通常は下痢などがおきても、1週間程度で自然に回復しますが、嘔吐が続くなど栄養失調や脱水症状が起こりうる場合には、積極的な治療が必要になります。

回復後も3〜6週間は便にサルモネラ菌が含まれるので、人などへの感染源になります。

人のサルモネラの症状

腹痛

人の場合も、犬猫と同様急性胃腸炎の症状がみられます。

人がサルモネラ菌に感染した場合、半日から3日程の潜伏期間の後、発熱下痢嘔吐などの症状が出ます。人ではあまり血便はおこりませんが、まれに粘血便がおこります。

健康な成人が感染しても、軽症ですむ場合が多いです。しかし、体が疲れていたり、体力が落ちていたりする場合は症状が強く出てしまいます。

とくに子供やお年寄りは重症化する可能性があります。また、妊婦さんは症状の改善が遅れ、長引く可能性があります。

その際に、体がサルモネラ菌に負けてしまうと、ばい菌や毒素が血液に入って全身にまわってしまいます。これを敗血症と言います。

敗血症になると、最悪亡くなってしまうこともあります。

こわいですね。

ペットフードから人が感染!?

実はサルモネラ菌に汚染されたペットフードからの人のサルモネラ菌感染が問題視されています。

特に子供の感染が多い傾向にあります。

乳幼児は何でも口に入れてしまうので、ペットフードを食べてしまうかもしれません。また、子供はペットにご飯や、おやつをあげる機会が多いので、その際子供の手にサルモネラ菌が付着して、そのまま感染してしまうケースもあります。

食品にサルモネラ菌が繁殖していても、数が少なければ味が変わることはありません。サルモネラ菌は目に見えないので、注意が必要です。

ペットフードのサルモネラ菌感染を防ぐために

サルモネラ菌は低温では繁殖しない、でも減らない

サルモネラ菌は5℃以下では繁殖しません。一般的な冷蔵庫では繁殖がおさえられます。

ペットフードは常温で保存される方が多いですが、密閉容器で冷蔵庫で保存するのがベストです。

ただし、サルモネラ菌はたとえ冷凍しても死にません。いくら冷蔵庫で保管しても、既に菌がいる場合は菌がなくなるわけではありません。

注意が必要です。

サルモネラ菌は加熱で死ぬ

サルモネラ菌は65℃以上3分半の加熱で死んでなくなります。75℃だと1分で大丈夫です。

生の肉や卵ならしっかり加熱をすれば大丈夫です。

でも、買ってきたペットフードはあまり加熱して与えませんよね。

だからこそ、安心してペットに与えられることが求められますよね。

安心できるペットフードには信頼できる情報源が必要

日本ではペットフードの食中毒が話題になることはありませんが、それは日本の行政のペットフードへの認識が甘すぎることが原因です。

当然、ペットフードを買う消費者である飼い主さんへの情報提供はされていません。

さらに、多くの獣医師は流通しているペットフードの情報を把握していません。

日本の今後の課題です。

まとめ

ペットフードのサルモネラ菌汚染は日本ではあまり話題になりませんが、アメリカでは多く報告されています。サルモネラ菌汚染によるペットフードのリコールもあります。

本当に日本ではペットフードのサルモネラ菌汚染がないのか、私は疑問に思います。

現在日本では、多くのペットフードが海外から輸入されています。正規輸入以外に、並行輸入や個人輸入も当たり前にされています。

さらに、国産と名のつくペットフードでも原材料の多くは輸入されたものです。

日本のペットフードも他人ごとではありませんね。

おつきあいありがとうございました。


アメリカではリステリア菌汚染によるペットフードのリコールも発生しています。

リステリア菌というばい菌は健康な成人にはほとんど悪さをしませんが、体の抵抗力が落ちている人には強い症状が出ます。

特に妊婦さんは注意が必要です。

リステリア菌についてはこちらの記事に書きました。

寿司妊婦さんのリステリア症?感染するとどうなるの?注意すべき食品まとめ|ニャン太の「妻の妊娠備忘録」⑦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です