【Drybo Plusの口コミ】ペットドライルームドライボプラスの評判や価格は?

こんにちは!獣医師のニャン太です!

今回はペットドライルーム「Drybo Plus(ドライボプラス)」についてまとめてみたいと思います。

私は以前ペットドライルームを購入して以来、愛用しています。

前回ペットドライルーム「nello」についてまとめてみました。

【ペットドライルーム】nelloの口コミ評判・使用感はこちら

あらためてペットドライルームについて調べていると、「nello」以外にも「Drybo Plus」というのも見つけました。

ニャン太

これもまたスタイリッシュ!!

選択肢が増えるのは良いことですね!

早速まとめて行きたいと思います!

ニャン太

nelloよりコスパが良いのでは・・・!?
という印象を受けました。

では、見て行きましょう!

【ペットドライルーム】Drybo Plusとは?

ペットのリラクゼーション空間でありたいという思いから作られた、くつろぎながら優しく乾燥できるペットドライルーム(ドライヤーハウス)、それが「Drybo Plus(ドライボ プラス)」です。

ざっと開発の経緯を調べてみると、

精密医療機器のエンジニアグループが中国・深センでペットブランド「Homerunpet(ホームランペット)」を設立。
Drybo(ドライボ)というペットドライルームを発売。
改良版「Drybo Plus(ドライボ プラス)」を開発。
「Drybo Plus」2021年9月〜アメリカや台湾でのクラウドファンディングで支援を集める
2022年2月、日本上陸!
Makuakeという応援購入型のクラウドファンディングで7700万円の支援が・・・!

といった感じですね。

ワン吉

アジアのシリコンバレーともいわれる深センで、精密医療機器のエンジニア集団が「ペットドライルームを開発しているなんて、興味深いねぇ・・・!

ニャン太

うん、その辺はよくわからないけど、前回の「nello」といい、ペットドライルームの注目度はすごく高いということだね・・・!
では、この【Drybo Plus】について詳しくまとめてみましょう!

【ペットドライルーム】Drybo Plusの口コミ評判/3つの注目ポイント

おすすめポイント1・床からの温風で全身すみずみまで乾く

ペットドライルーム「Drybo Plus(ドライボプラス)」の注目ポイント1つ目は、

独自設計で風が床から上がってくる

というところです。

ワンコ・ニャンコさんの体全体を包み込むように床から優しく温風を送り、乾きにくいお腹や足、しっぽまでしっかり乾かしてくれるんだそうです!

Drybo Plusのクラウドファンディングを行っていたMakuakeの紹介ページを見てみると・・・

Makuake「Drybo Plus」紹介ページより

ニャン太

確かに風が床から湧き上がっているような感じに見えますね・・・!!!

ファンのようなものは本体奥の側面についているようなので、そこから風が出るのかと思いきや・・・

なぜなんでしょう??

秘密は風が狭いところから広いところにスパイラル状に流れるようにした独自設計「アルキメデススパイラル構造」ですって(実用新案権取得済とのこと)。

Makuake「Drybo Plus」紹介ページより

Makuake「Drybo Plus」紹介ページより

面白いですねぇ!

このアルキメデススパイラル構造で、静かに・効率よく乾かすことができるんですね。

犬・猫の種類、毛の長さ、タオルドライでの乾き具合によって、実際の乾燥時間は異なりますが、おおよそ45分以内にはブローが完了します。
ペットの癒し空間|お風呂後は寛ぎながら乾燥、ドライヤーハウスDrybo Plusより

ニャン太

おそらくBadoogiと同じくらいですね
フィルターに抜け毛が集まるので掃除も簡単なんだとか。

くるくる回るエアークジみたいですね笑

私の愛用しているBadoogiのペットドライルームもなんだかんだ足先は乾きにくいんですよねぇ・・・。

前回まとめたペットドライルーム「nello」の悪い口コミにも「お腹、足先、しっぽが乾かない」というのがありましたね。

【ペットドライルーム】nelloの口コミ評判・使用感はこちら

だから、これは画期的だと思います!

おすすめポイント2・両サイドに窓があり、撫でる・ブラッシングができる

ペットドライルーム「Drybo Plus(ドライボプラス)」の注目ポイント2つ目は、

両サイドに窓があって、撫でたりブラッシングしたりできる

というところです。

Makuake「Drybo Plus」紹介ページより

この窓があるとすごく便利なんですよね。

スキンシップで安心してもらったり、ブラシをすることで効率よくふわふわに乾かしたりできます。

Badoogiにも窓があって、かなり使えます!

ちなみに「nello」には窓がないので、その点はDrybo Plusの方が使いやすいかもしれませんね。

【ペットドライルーム】nelloの口コミ評判・使用感はこちら

ただし、窓からグイっと脱走しようとすることもあるので、注意です笑

その時の記事はこちら

おすすめポイント3・送風・温風で快適に過ごせる出入り自由のハウスにも

ペットドライルーム「Drybo Plus(ドライボプラス)」の注目ポイント3つ目は

送風・温風機能でオールシーズン快適に過ごせるハウスになる

というところです。

夏は送風で涼しく、冬は温風で温かく、といった感じですね。

Makuake「Drybo Plus」紹介ページより

温風の温度調節は16℃~32℃で可能です。

ニャン太

エアコン並み・・・!!

速暖性の高いセラミックPTCサーミスタヒーター採用で、寒い日でも電源オンから3分で温かくなるんだとか!

PTCサーミスタヒーターとは、ある一定の温度を超えると電気抵抗が急激に上昇する特徴も持った電子部品を使用したヒーターです。

この特徴から、温度を一定に保ちやすく、特定温度以上に過熱した場合、回路が検知して遮断することが可能になります。

医療分野でも使われています。

さらに内蔵のPIDコントローラーが誤差1℃以内の精度で温度を正確に制御し、設定温度を一定に保ってくれるそうです。
ここでいうPIDコントローラーとは、温度を出力温度と設定温度との偏差、その積分、および微分の3つを計算して制御する方法のことです。
すんごいですねぇ!

Makuake「Drybo Plus」紹介ページより

Makuake「Drybo Plus」紹介ページより

それ以外にも合計6つの安全装置があって、換気システムや照明も備わっています!!

【ペットドライルーム】Drybo Plusの良い口コミ・悪い口コミ/評判は?

ここまで調べてみると、【Drybo Plus(ドライボプラス)】は非常に使い勝手の良いペットドライルームのように思えます。

では、実際に使っている飼い主さん方の評判・口コミはどうでしょう?

まとめていきます。

ペットドライルームDrybo Plusの良い口コミ

口コミ

今までは愛猫と追いかけっこをしながら、汗だく・毛だらけになるドライヤー・・・
思い切って「Drybo Plus」を購入しました。
結果・・・
ストレスがなくなり感動的です!
お腹やお尻もふわふわに乾きますし、抜け毛もフィルターに集まるのでシャンプーがとても楽しくました。

口コミ

多頭飼いしているのでドライヤーが本当に大変でしたが、「Drybo Plus」を購入してワンコたちがみんな気持ちよさそうにしてくれるので、買って良かったと思います。
他の商品と比べてコンパクトで、コスパも高いと思いました!

口コミ

ドライヤーをとにかく嫌がる長毛猫です。トリミングサロンもストレスが大きくなかなかシャンプーができずにいました。
「Drybo Plus」はハウスとしてもリラックスして過ごせているようですし、いざドライヤーとして使っても人用のドライヤーより格段にストレスが減っているようで安心しました。
シャンプー後のドライヤーって、飼い主さんにも飼い犬猫さんにもどちらにもストレスになることが多いですよね・・・。

ペットドライルームをうまく活用することで、お互いのストレスを軽減して、日常ケアを楽に済ませることができます。

【Drybo Plus】への多くの良い口コミも、やはりストレスが減った!という内容が圧倒的に多いですね。

ペットドライルーム【Drybo Plus】の良い口コミをまとめると、

  • シャンプー後のドライのストレスが減った!
  • お腹・内腿・お尻・しっぽがフワフワに!
  • ハウスとしてもリラックスしてくれている!
といった内容が多かったです。

その他には、

口コミ

「Drybo Plus」を購入しました。使い方が分からず、サポートに問い合わせをしましたところ、とても丁寧に説明をしてくれたので安心でした。

という良い口コミもありました。

【Drybo Plus】は海外のメーカーの製品ですが、日本での販売を担当しているCHAM Japan(チャムジャパン)の日本人スタッフがカスタマーサポートとして対応してくれます。

これはありがたいですね!

ペットドライルームDrybo Plusの悪い口コミ

口コミ

うちの猫たちはとにかく嫌がってダメでした・・・。音も静かで、温度もちょうど良いと思ったのですが、使えなくて残念です。
嫌がる、怖がるという感想が、悪い口コミの中では目立つようです。

「低めの温度でドライヤーをしようとしたらすごく嫌がり、温度を上げたら落ち着いた」という内容のものもありました。

床から風が湧き上がるという独特の構造が、慣れないワンコさんニャンコさんをびっくりさせてしまうのかもしれませんね・・・。

口コミ

ミニチュアダックスのシャンプーのために「Drybo Plus」を購入しました。ダックスには少し窮屈そうでした。
せまいとお尻が乾きづらいです。
両サイドのなでなで窓が内側に開く仕様なので、大きな子だとスリッカーを使うこともできず、不便でした。

口コミ

「Drybo Plus」を購入してみましたが、思ったよりも大きくて置き場所に困りました。
サイズ感について「小さすぎる」「大きすぎる」という意見がありました。

ということで、ペットドライルームDrybo Plusの悪い口コミをまとめると、

  • 飼い犬・飼い猫さんがとにかく嫌がる
  • 思ったよりも小さい(窮屈そう)
  • 思ったより大きい(置き場に困る)
といったところでしょうか。

警戒心が強く、なかなか慣れてくれない・とにかく嫌がる子に慣れてもらうには、少し時間がかかるかもしれませんね・・・

  • 普段から部屋に置いて興味を持ってもらう
  • 稼働させる前に中でおやつをあげたり撫でたりして慣れてもらう
  • ドライモードからではなく、送風・温風モードで弱目の設定から風に慣れてもらう
  • ワンニャンの体温と同じ38〜39℃の設定温度から慣れてもらう
といった具合で段階的に、気長に慣れてもらうと良いのかなぁと思います。

サイズ感に関しては、今後の課題でしょうね。

実店舗で確認できると良いのですが、今のところ私が調べた中では実店舗での展示販売は確認できませんでした(2022年9月20日現在)。

Drybo Plusの口コミで気になったのは、「乾かない」という悪い評価がほとんど見当たらなかったことです。

下から風が湧き上がる構造が、効率よく乾かしてくれるんですね!!

ニャン太

頼もしい!

【ペットドライルーム】Drybo Plusの価格・最安ショップは?

Makuakeでの応援購入は終了してしまっているので、現在「Drybo Plus」はAmazonや楽天といった通販サイトで購入可能です。

定価は¥66,000でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングで調べてみたところ、どこも同じ価格でした(2022年9月20日現在)。

セールやポイントアップなどのイベントを狙ってみても良いかもしれませんね!

ペットドライルームnelloの口コミ・評判のまとめ

ペットドライルームはうまく活用すれば便利なツールだと思います。

  • 飼い犬・猫さんがドライヤーを嫌がって逃げまわる
  • 自身もビショビショで部屋が大変なことに
  • ブラシも使えず乾かしきることができない
そんな悩みの解消に役立ってくれるはずです。

特に複数・多頭飼育の方はとても楽になると思います。
(我が家がそうでした・・・)

今回のペットドライルーム「Drybo Plus」の良い口コミをまとめると、

  • シャンプ後のドライのストレスが減った!
  • お腹・内腿・お尻・しっぽがフワフワに!
  • ハウスとしてもリラックスしてくれている!
  • カスタマーサポートが丁寧に対応してくれる
といった内容でした。

一方、悪い口コミをまとめると、

  • 飼い犬・飼い猫さんがとにかく嫌がる
  • 思ったよりも小さい(窮屈そう)
  • 思ったより大きい(置き場に困る)
といった感じでしたね。

乾かない、という評価がなかったのが印象的でした。

同じようなペットドライルームの「nello」と比べると、「Drybo Plus」の床から風が湧き上がる独自構造が、効率良く乾かせるポイントですね。

【ペットドライルーム】nelloの口コミ評判・使用感はこちら

ということで、今回はペットドライルーム「Drybo Plus」についてまとめました。

おつきあいありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。