妊娠37週突入!!ついに正産期突入!!シャイな胎児とNST(ノンストレステスト)

こんにちは!ニャン太です。

妻が妊娠37週に突入しました。

い・よ・い・よ!

正産期!!

そう、正産期ですねー。

妊娠37週0日から41週6日までの間に出産することを「正期産」といい、その期間を「正産期」と呼ぶことが多いです。

「臨月」という表現もありますが「臨月」と「正産期」はちょっと違います。

37w1d、妻と妊婦検診に行って来たのでまとめていきます。

補足
今回は妊娠糖尿病の内科はありません。

正産期?臨月?

赤ちゃん

お産にのぞむ医療現場では、おなかの赤ちゃんが出てくる「ちょうどよいタイミング」というのが決まっています。

このちょうど良いタイミングでお産が始まり赤ちゃんが生まれることを「正期産」と呼びます。

日本では妊娠37週0日から41週6日までの間と決まっています。

このことから、37週0日以降の妊婦さんは、いわゆる正産期」に入ったと言われます。

いつ産まれても良いよー、ということですね。

一方臨月」という言葉は妊娠10か月の期間を指します。

週数でいうと妊娠36週0日から39週6日までです。

次の妊娠40週0日が出産予定日にあたるので、まさにお産を目前に「臨む(のぞむ)」「月」ということですね。

だから「正産期」と「臨月」は意味合いが違うので注意が必要です。

正期産37w0d~41w6dの5週間のどこかで出産
臨月予定日40w0dに臨む36w0d~39w6dの1か月

ただ、まぁどちらも「そろそろ産まれる!」というニュアンスが伝わるので、私たちが使う分にはあまり気にしなくても良いかもしれません。

注意
妊娠36週は臨月ですが、36週の出産は正期産ではないので「早産」という扱いになります。基本的に赤ちゃんの入院も長引くことが多いです。

ニャン太

ややこしいですが、実際には予定帝王切開でない限りは産むタイミングは選べるものではありませんよね。

私もおチビ♂がいつ出てくるのかと、気が気ではありません。

妊婦健診のNST(ノンストレステスト)

私たち夫婦が通う産科の病院では、妊娠37週を迎えた妊婦検診でNST(ノンストレステスト)というものを受けます。

個室に入り、妻はリクライニングチェアに腰かけておなかに機械のついたベルトを巻いてもらいます。

機械には胎児の心音をひろうマイクと、ママのおなかの張りを感じ取るセンサーがついています。

そのまま、ぼーっと20分~30分くらい座ったまま過ごして、記録をとっていきます。

ちょいちょい看護師さんが顔をのぞかせてくれました。

NSTについて、詳しくは別の記事にまとめられたらと思っています。

相変わらずシャイな胎児

我が家のおチビ♂くんは健診の時になると、いつもシャイなんです。

それまでポコポコ動いているのに、診察が始まるとじっと固まってしまいます。

今回のNSTもじっと動かないので、看護師さんにせかされていました笑

30分ほど待って、ようやくグリンボコンと動き始めたところで検査終了。

看護師さん

いつもちゃんと動いてますよね?
なんて、ちょっと心配されてしまいました。

ちなみに、日々ちゃんと動いてます!笑

ちょ、ちょっとシャイなんです・・・

では、気を取り直して、いつもの妊婦健診にうつります。

妊婦検診を終えて

いつも通りの超音波検査と今回は内診がありました。

母体

妻はベッドに横になって、まずはむくみのチェック!

看護師さん

むくみ大丈夫ですね!
お、今回は大丈夫でした。

産科の先生

じゃ、エコーあてるねー。



産科の先生

おー、すごい!元気に動いてるねー!

ニャン太

おチビ♂め、油断したな・・・)

産科の先生

問題なさそうね~♪
じゃ内診するよ!

36週以降は毎回内診があるそうです。

子宮口の位置や開き具合でお産の兆候を予測していくんですね。

ちなみに、

産科の先生

ぜーんぜん、まだまだ出てこなさそうね笑
と笑顔で言われました。

まだ予定日まではあるから良いんですけどね!

一緒にウォーキングでもしようかな。。

胎児

推定体重2463g!逆子なし。シャイ。

びっくりするくらい順調順調。

さて、来週は内科・栄養指導・産科で盛りだくさんです。

まとめ

妻が妊娠後期に入ったくらいから時間がものすごく早く感じるようになりました。

早めに入院準備や部屋の準備は終わらせておきたいですね。

おつきあいありがとうございました。

次の記事>>>妊娠38週突入!!妊婦健診と妊娠糖尿病は最後の内科

前の記事>>>妊娠36週(10か月)突入!!いよいよ臨月!?助産師外来と妊娠糖尿病

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です